日本カラーライトセラピー協会認定 カラーライトセラピー本科コース

カラーライトセラピー本科 2級講座

カラーライトセラピー本科コースは、色彩心理学、光科学、生体学、脳科学などあらゆる分野から
色と心 を分析し統計的にまとめたシステムです。

 

カウンセリングを受けられた方が、色からのメッセージを聞いて『 当たっている 』 と言われますが
言葉の代わりに色を使うカラーセラピーは 言葉そのものを受け取っているのと同じこと。
色は言葉と同じく、心を表現するツールなのです。

 

心のうちを第三者に客観的にまとめて表現してもらうことだけでも、心はかなり軽くなります。
しかし、それだけでは問題は解決せず、クライアントの変化、成長への一歩には繋がり難いものです。
色に表されたクライアントの願望や、望む変化は、なぜ必要なのか、その成長によってどうなれるのか
というさらに奥の価値まで理解することが大切です。

 

ただ夢のような願望を持つのではなく、自分にとって価値ある願望としての認識が得られてはじめて
実際の変化、成長行動に繋がっていくのです。

カラーライトセラピー 2級講座では

カラーライトセラピーから導き出されたクライアントの心理から、さらに一歩踏み込んだ潜在意識にある潜在欲求に焦点を当てた分析を行います。
物体色であるカラーカードから読み解ける心理は顕在意識であり、その意識はときに義務による願望や他人の価値観による願望が入り込んでいます。
自分自身の潜在意識から生まれた願望ではない思いに囚われていると、なかなか思うように進むことができず、無意識のうちにストレスを溜めてしまっていることもあります。
2級では、潜在意識にある願望やそれを阻んでいる要因を引き出し、表面化させることによって本人が大切にしている価値あるこのが何であるかの気づきを促します。
さらに、潜在意識から上がってきた大切な思いを顕在意識に定着させるためにその効果の高い、色光(ライトセラピー)であるカラーサングラスや究極のカラーライトセラピーシステムであるSensoSphere用いて、潜在意識と顕在意識の統一を促すカウンセリングスキルを習得します。

2級-授業風景4-e1577544799668-225x300.jpg
2級カルテ1-300x225.jpg
カラーライトセラピー2級スケール-150x150.png
カラーグラス-300x225.jpg
スクリーンショット 2021-07-29 13.12.11.png